自分でも病院でもできる血管老化度チェックで健康管理に努める

血管老化について 画像

 

年を重ねてもいつまでも健康的で若々しく過ごしたい
と願う人々の間では、病気の早期発見と早期治療は、
もはや常識的となっています。

 

血管老化度チェックも例外ではなく、測ることで、
動脈硬化などの進行度合いを知ることができるという
ことで、注目されています。

 

血管老化度チェックの重要性

 

血管老化について 画像

 

血管老化度チェックを定期的に受けることで、
動脈硬化の傾向がある時から、その兆候を見逃す
ことなく、対策や治療が始められるので、非常に
お勧めです。

 

血管老化度は、近くの役所やスポーツジムなど
に設置されている血管老化度測定の機械でも測る
ことができます。

 

また、循環器系の医療機関でも、血管老化度検査という
ものが実施されています。

 

さらに、セルフチェックができるように、血管老化度の
チェックリストも準備されているので、都合の良い
方法で、定期的にチェックするようにして下さい。

 

この記事では、役所やスポーツ施設、病院などの機械で、
またセルフで調べることのできる血管老化度チェックに
ついて調べ、まとめています。

 

年を重ねても健康的で若々しくいたい、体調管理は
自分で行いたいという方、ぜひご覧いただき、参考に
して下さい。

 

少しでも有意義な情報になればと思います。

 

血管老化度チェックの方法

 

血管老化度測定の機械でチェックする

 

血管老化について 画像

 

役所やスポーツジムにも、血管の老化度を測ることのできる機械が、
設置されていることもあります。

 

自由に使って良いことも多いので、もし見かけたら、
測ってみましょう。

 

この機械では、血管老化偏差値という数値をチェックできます。

 

血管の老化速度が平均より速いのか遅いのか、今の自分の
血管はしなやかな状態であるのかどうか?硬くもろくなって
きているのか?などを知ることができるのです。

 

血管老化度検査を受ける

 

血管老化について 画像

 

血管老化度検査には、血圧脈波検査やPWV検査、ABI検査
があり、医療機関で実施されています。

 

高血圧や糖尿病の方は、特に定期的に受けることを
推奨されています。

 

血管老化の最初の症状とされる、動脈の内側への
脂肪のつき具合などを調べることができます。

 

セルフチェック

 

血管老化について 画像

 

自分でも、血管老化度チェックを行うことが可能です。

 

セルフチェックするために、本やインターネットのサイトに
チェックリストがあるので、調べてみて下さい。

 

チェックリストに、該当する自覚症状がないかどうか、
定期的に見てみて、もし気になる場合は、医療機関を
受診するのも病気の早期発見に役立ちます。