簡単に測れると今話題の血管老化偏差値とは?

血管老化について 画像

 

健康志向の方々の間では、最近、血管老化現象や動脈硬化
の状態について簡単にチェックできる、血管年齢を測れる
機械
というものが話題になっています。

 

健康センターやトレーニングルームにも置いてあって、
自由に測れる場所も結構あるようです。

 

こうした、血管年齢を測れる機械では、血管老化偏差値が
測れるようになっています。

 

では、血管老化偏差値って、いったいどんな数値なんでしょう?

 

この記事では、血管老化偏差値とは、いったい何か?
この数値が表すものについて、調べ、まとめています。

 

血管老化偏差値を測ってみたいという方、ぜひご覧いただき、
参考にしてみてください。

 

少しでも有意義な情報になれば幸いです。

 

血管老化偏差値っていったい何?

 

血管老化について 画像

 

血管年齢を測れる機械で、簡単に測れるのが、血管老化偏差値
という数値です。

 

その名の通り、血管の老化具合のスコアになりますが、
7ランクに分かれています。

 

血管老化偏差値は、“偏差値dv”という英語由来の
単位が用いられます。

 

学力偏差値とは逆で、血管老化偏差値は、スコアが低い
方が、健康度が高いということになります。

 

血管老化偏差値が、20点未満というスコアが出た場合は、
血管年齢がとても若くて、血管がしなやかな状態である
ということを意味します。

 

ランクごとの血管老化偏差値とは?

 

血管老化について 画像

 

血管老化偏差値は、7つのランクに分けられますが、
具体的には、どのように分けられているのでしょうか?

 

偏差値dvが20点未満だとランク1、20点以上35点未満でランク2、
35点以上40点未満でランク3、と、15点区切りで、
ランクが上がっていくイメージです。

 

例えば、血管老化偏差値が43点だと、ランク4になり、
これは平均的な結果となります。

 

ランク5以上になると、生活習慣病などの原因を
追求する必要があります。

 

70点以上は、ランク7で、最も悪い区分になり、
血管老化の進行度合いが非常に高く、血管のしなやかさも
著しく損なわれていることを意味します。

 

血管老化偏差値を定期的に測りましょう

 

血管老化について 画像

 

血管老化偏差値を測って、自分の血管の老化状態を
知ることは、非常に重要です。

 

簡単に機械でチェックできるので、定期的に測って、
もし数値が悪ければ、生活習慣を見直すなど、
対策を始めるべきです。

 

定期的に血管老化偏差値を測れば、自分の体調の変化
などにいち早く気づくことができて、病気の早期発見、
早期治療に繋がります。

 

年齢を重ねても健康で元気でいるためにも、自分の
血管年齢を知ることが大切です。